動画撮影・編集

03 4月 2021

YouTube ショート について YouTube shorts の使い方や動画の投稿を解説

YouTubeショート動画(YouTube shorts)が2020年からサービス開始となりました。 日本ではまだ正式にスタートしていませんが、投稿可能となっています。 今回は、YouTube ショート について、そしてouTube shorts の使い方や動画の投稿を解説していきたいと思います。 YouTube shorts(ショート)とは? YouTube shorts(ショート)は、TikTok(ティックトック)やInstagram(インスタグラム)のReels(リール)のような 短編の動画配信サービスです。視聴するだけでなく、編集や配信もできるようになります。 スマートフォンの縦表示画面で視聴することができ、画面を縦スワイプすると次の動画が見れる、といった仕様になっています。 そしてクリエイティブ機能も利用することが可能です。 音楽とサウンドを追加することができる 録画速度を速くしたり遅くしたりできる タイムラインを表示して、表示 / 非表示のタイミングを調整る テキストを動画に追加できる タイマーを使った録画が可能 出典:Youtubeヘルプ「YouTube ショートの利用を開始する」   動画コンテンツの長さ スマートフォン端末のアプリからは、15秒以内の動画が編集できるようです。 パソコンからだと60秒以内の動画投稿が可能ですが、 Google公式サイトでは、15秒の動画作成を推奨しています。  …

20 3月 2021

無料で使えるLUTで映画みたいなシネマティック動画に

一眼レフカメラで動画を撮る人が増えてきました。Youtubeを毎日見ている人も多いのではないでしょうか。動画を見ていると、すごく雰囲気の良い動画があって「映画みたいだなぁ」とか「こんなカッコいい色味の動画撮ってみたいなー」と思うことありますよね。そんな動画をもっと映画みたいなシネマティックに仕上げたい方におススメなLUT(Look Up Table)というのがあります。 LUTとは? Lutとは「Look Up Table」の略で、簡単に言いますと効率よく色彩などを補正する機能です。 このLUTを使うことで、Instagramで写真にフィルターをかけたようなイメージで動画に色彩豊かでシネマティックな動画にすることができます。もちろんLUTを使わなくてもそれぞれ個別のパラメータを調整していけば色調を変化させることは可能です。しかし、色の設定項目は非常にたくさんあり、これらの項目を1から調整して好みの色を作っていくのは、かなりの時間と労力がかかります。それを一気に設定してくれるのがLUTの特徴です。 LUTとLOOKの違いがある LUT以外にも、同じ色調を変える目的で使う「LOOK」というものがあります。LUTはLOG撮影をしたデータに適用するのが一般的な使い方です。 LOG撮影とは色の情報がつぶれないようにするための撮影方法で、LOG撮影をした映像は、コントラストの弱いいわゆる「眠たい映像」になっています。 LUT適用前 LUT適用後 各カメラメーカーから機種に応じた純正のLUTファイルがあるのでカメラごとに合わせたLUTを適用します。つまり純正のLUTファイルは基本的にLOG撮影された映像素材に適用することが前提となっているのでそれ以外のデータにあてると変な色調になってしまいます。 それに対してLOOKは基本補正(カラーコレクション)されたLOG撮影されたデータやそれ以外に使うのが一般的です。スマートフォンの加工アプリのフィルターのようなものです。 このように若干似ているようですが撮影された方法によって使い分けが必要です。 おすすめの無料LUT これからご紹介していくのはLOOKから適用するものになります。無料でダウンロードできるので、色々と試してみてくださいね。 ① FREE SAGAMI LUT 日本人クリエイターのAUXOUTさん無料で配信されています。海外の方にも非常に人気のある方ですね。 FREE SAGAMI LUT ② RocketStock 35 Free…