気になること

10 5月 2022

2023年導入のインボイス制度で個人事業主・フリーランスはどうなる?

2023年10月から消費税の新しい制度として「インボイス制度」が始まりますね。 なんとなく耳にしていたインボイス制度ですが、私のように実際にどう変わるのか、どう対応したらいいのか よくわからない方も多いかと思います。そこで実際に調べてみることにしました。 インボイス制度とは インボイス制度は、消費税が複数の税率となったことにより制定された、新しい仕入税額控除の方式のようです。 2021年10月より登録手続きが開始されるています。この「インボイス制度」に対して個人事業主が準備しなければならないことを調べていきます。   まずは消費税についておさらいしてみる 消費税とは商品・製品の販売やそのほかのサービス提供などのさまざまな取引に対し、公平に課せられる税です。 消費税は税金を負担する方と税金を納める方が異なる「間接税」に分類されます。 例えば、お店で商品を買うとき、消費税を支払うのは商品を購入した方ですけど、実際に税金を納めるのはスーパーですよね。 これが間接税の仕組みです。一方、所得税や法人税のように自分で税額を申告して納める税金は「直接税」と呼ばれます。 消費税は2019年から、一部の飲食料品や新聞に課せられる軽減税率と、それ以外の標準税率に分かれました。   軽減税率:8% 標準税率:10%   消費税を徴収して納める義務があるのは、基準期間もしくは特定期間中の課税売上が 1,000万円を超えた事業者である「課税事業者」です。 課税売上高になる収入の主なものとしては、   商品やサービスの販売収入 事業者に対する家賃収入 家屋・車や備品など動産の売却収入 原稿料や報酬などの収入   これらの収入の合計が1,000万円を超えていれば消費税を納税義務があります。 その場合「課税事業者」となるわけです。   個人事業主の場合の基準期間は前々年の1月1日~12月31日。特定期間は前年の1月1日~6月30日です。…

25 3月 2020

YouTube利用増、画質低下へ

朝起きて目に飛び込んできたニュース記事。 新型コロナの影響で在宅者が増えただろうから、利用が増えたのは必然ですね。 画質は変更はできるということだから極端に影響はでないかもしれないけど、テレビで視聴するときに画質落ちちゃってるとかなり見づらいことになるんじゃないかと気になる点があるのは確か。 映像に力入れてるチャンネルも気になるところですね。