ホームページに動画を掲載するメリットと注意点とは?

2021年3月22日
2021年3月22日 STUDIO DIVE

自社の製品やサービスを紹介する場合、ホームページで文章を掲載している企業さまや店舗さまは多いですよね。しかし、文字や写真だけではホームページを訪れてくれた人に思うように伝わらないこともあります。

さらに具体的にサービスの紹介をしたり、利用方法など多くの情報を伝えたいときに便利なのが動画を活用した紹介方法です。

今回は、ホームページで動画を掲載するメリットや制作方法、注意点などをまとめてご紹介していきたいと思います。

ホームページに動画を掲載する目的

自社製品やサービスの紹介に動画を用いると、言葉、音楽などを効果的に使い、短い時間で多くの情報量を伝えることができます。そして、文字や写真だけの場合と違って多くの人に同じ情報、イメージを見せることができる特長があります。最近では、文章より動画を見たほうが頭に入る、という人も多いといわれていますので、商品・サービスの紹介に動画を用いることは非常に効果的です。

ホームページに動画を掲載するメリット

それでは、具体的にホームページに動画を掲載すると、どのようなメリットが期待できるのかご紹介していきます。

短時間で多くの情報を伝えることができる

文字や写真を見て商品やサービスを理解しようとすると、意味が伝わらなかったり、人によって違うイメージを抱いてしまいがちです。

しかし、動画であれば「映像」「言葉」「音楽」織り交ぜながら、短時間で多くの情報を伝えられます。

動画で視聴者に具体的なイメージや利用方法を伝えることができれば、視聴者に「それが欲しい」「使ってみたい」と思わせることができます。

SNSで拡散されやすい

最近では多くの方が年齢層を問わずして、なんらかのSNSを利用しています。そのため、SNSで拡散されれば、非常に多くの人から見てもらえる可能性に期待できます。

タイムラインの中で動画が表示されると人間の本能として動きのあるものには目を止めやすいので有用であるといえます。

SEOへの効果が期待できる

Googleなどの検索エンジンは、サイト内の文章だけではなく動画も重要なコンテンツとして評価します。動画自体の内容自体は理解しませんが、タイトルや説明がユーザーの検索した内容と意図がマッチしていれば、検索結果に表示されます。

コンバージョン率の向上を期待できる

人は、サービス・商品の内容や利用方法が伝わりにくいと、すぐ画面を閉じたり、他のサイトに移動したり、興味をなくしたりしがちです。

そのため、コンバージョン率を高めるには、いかに「どんなサービスかわかること」「使った場合のメリットがわかること」が重要といえます。

動画ではこのような情報を文章・写真より多くの情報量でわかりやすく伝えられるため、コンバージョン率をアップさせる効果に期待できるといえるでしょう。

ホームページ動画を制作する際の注意点

では、ホームページに掲載する動画を制作するにはどのような点に注意する必要があるのか、ご紹介します。

制作コスト・時間がかかる

動画の制作には、まずどのような作品にするかという企画・構成からはじまり、撮影、場合によっては人の手配、それから編集などさまざまな工程を経なくてはなりません。

スマホのカメラで気軽に撮影して編集もできますが、拡散される、ちゃんと見てもらえるような作品にするには、やはりそれなりの製作コスト、時間をかける必要があります。

動画を最後まで観てもらえるとは限らない

人によって、動画の開始から数秒で見たい内容か判断し、興味を引かれなければ途中で消したり、飛ばし飛ばしで見たりすることもあります。

そのため、全部見ないと伝わらないような内容だと、必要な情報がしっかり相手に伝わらなかったり、誤解を受けたりしてしまう可能性もあるでしょう。

クオリティが低いとマイナスイメージになる可能性がある

動画のクオリティにこだわると、機材や人件費など想定外にコストがかかってしまう場合があります。かといって、クオリティの低過ぎも問題です。

自社制作でたとえばナレーションが何を言っているかわかりにくい、手ブレがひどい、俳優が棒読み、といった場合は企業のブランドイメージ低下につながることもあります。

 

ホームページの動画を制作する方法とは

それでは、ホームページに掲載するために動画を制作する場合、どのような方法があるかご紹介していきます。自社で制作するか、映像制作会社に発注するかの2通りになります。

自社で制作する

自社で制作する場合、次のような手順で制作するのが一般的です。

【企画・構成】
どのような動画を作成したいのか企画を立ち上げ、どんな流れにしたいのか、場面が必要なのか、など制作プランを作っていきます。

【撮影】
一眼レフカメラで撮る場合もありますが、スマートフォンやビデオカメラで撮影もできます。工夫次第ではオリジナリティあふれる優れた作品となる場合もあります。

【編集】
動画編集ソフトを使って、BGMを入れたりテロップやエフェクトを挿入して作品に仕上げます。できた動画はホームページにタグを貼り付けて公開します。

動画・映像制作会社に依頼する

自社制作よりもコストは掛かるものの、やはりプロに依頼すると、希望したような内容、クオリティの優れた作品が出来上がります。

理想的な作品とするには、視聴者にどのようなイメージをもたせたいか、どんな目標を達成したいか、など打ち合わせで詳細に擦り合せしていくことが重要です。

映像制作会社によっては、予算に合わせてプランを考えてくれるところもあるので、できる限りコストを抑えたい場合は相談してみるとよいでしょう。

最後に

ホームページに動画を掲載すると、多くのメリットがあることがお判りいただけたのではないかと思います。

動画制作にはコストや時間もかかりますが、よい作品ができればそれをキッカケに売り上げにつながったり、ファンを獲得できる可能性に期待できます。

まだホームページに動画を掲載していない中小企業様、店舗様は検討してみるのもいかがでしょうか。