思いをカタチに、心に残る映像を。


STUDIO DIVEではプロモーション活動において、これからますます注目される
映像制作や、デザイン等の制作をサポートさせていただきます。

【制作実績】第67回 人吉花火大会 2022 「もっとそばに もっとちかくに」ライブ配信を制作しました

もっとそばに。もっとちかくに。ライブ配信制作を担当しました。

2022年8月15日、熊本県人吉市で開催された「第67回 人吉花火大会 YouTubeLiveライブ配信」の制作を行いました。
STUDIO DIVEとしては初のプロデュースから企画・構成、ディレクター、
グラフィック制作、モーショングラフィック等を担当いたしました。
昨年に引き続き二度目のライブ配信制作を担当させていただくことになり、
様々な趣向を凝らしたライブ配信を目指して制作いたしました。

昨年は自治体としては、ほとんど例の少ない4K高画質によるライブ配信を制作。
初のライブ配信開催ながら、Twitterでトレンド入りを果たし、
24時間で5万再生を突破するという実績を作ることが出来ました。

クリエイターが配信チームも行う形での実施

人吉花火大会ライブ配信制作の特徴として、様々な地域のクリエイターが参加してコンテンツ制作、配信業務を行いました。
この取り組みは、単に作品を作るというだけでなく、制作を通して地域への思いを積み重ね、当日の配信チームとして
コミュニケーションを円滑に行えるような方向性を重視しての取り組みをさせていただきました。
このような例の少ない形ですが、花火大会運営の皆様にもご理解をいただき、活動をすることが出来ました。

モーショングラフィックによる配信コンテンツの魅力を上げる

STUDIO DIVEでは、モーショングラフィックを用いた動画を3本制作、蓋絵3枚、スライドショーを制作。
協賛企業紹介では、チラシデータを用いた56の協賛企業様の挿絵データを制作いたしました。
単に花火中継に留まらない魅力的なコンテンツとして長時間視聴できるような作りを目指しました。

機材コストを抑えつつ高画質でマルチアングルなライブ配信を実現

ライブ配信では、制作コストとして機材費などの部分をミラーレス一眼カメラなどを用いて
大幅なコストダウンを図ることができました。カメラ6台でのライブ配信としてはクライアント様に
ご提案しやすい形での制作が可能となりました。

SNSを活用して視聴者に楽しんで頂く

人吉花火大会では、Twitterを活用した情報発信を行うことで、視聴者の皆様に
花火大会が近づく期待感や、思いや感動の共有を行うことで楽しんで頂けるように
しました。お陰様でトレンド入りを果たしたり、多くのフィードバックを得ることができました。

改めて御礼

多くの視聴者様に恵まれ、ご理解とご協力をいただいた人吉花火大会実行委員会の皆様。
非常にやり甲斐のある制作をさせていただきありがとうございました。

STUDIO DIVEでは、「心に届く映像を」目指して制作を行っております。
お気軽にご相談ください。

-制作実績, お知らせ一覧