YouTubeのSEO対策ツールで動画を最適化しよう

2021年4月6日
2021年4月6日 STUDIO DIVE

自社の動画が再生回数が伸びない・・・と悩んでませんか?

せっかくたくさん投稿しているのに再生回数が伸びない。これは様々な原因がありますが、大部分は動画を見てもらうための施策がされていない場合が多いです。

YouTube は、Google に次いで世界で2番目に大きい検索エンジンです。しかし、Google よりも集客手段として活用されていないばかりか、最低限の SEO すらしていない動画がほとんどです。

コンテンツをやみくもに作っても意味がなく、それよりも、質の高いコンテンツを作成し、検索エンジンで見つけてもらいやすいように最適化する必要があります。

では、YouTubeでの検索に動画を最適化するにはどうすればよいでしょうか。自社のYouTubeチャンネルを検索結果の上位に表示させるには、どのような手順で最適化を行えばよいのでしょうか。

今回はYouTube動画に役立つツールについてご紹介します。

 

YouTubeのSEO対策に必要なこと

YouTubeのSEO対策については以下の施策が効果的であると言われています。

  • 動画のファイル名にターゲットキーワードを含める
  • タイトルをキーワードを含めたタイトルにする
  • 説明欄をしっかり書いて最適化させる
  • トピックと関連する人気のあるキーワードをタグとして使用する
  • サムネイル画像は作ってアップロードする
  • SRTファイルを使った字幕や文字起こしを追加する
  • カードや終了画面を追加する

見てもらえば分かるように動画コンテンツに対してテキストコンテンツを充実させるかが必要であるということです。

 

YouTubeのSEO対策ツール

TubeBuddy

TubeBuddy は、競合の動画情報を分析できる Google chrome の拡張機能です。特に、動画に設定しているタグを確認することに便利で、タグから新しいキーワードアイデアを得られます。

YT Cockpit

YT Cockpit は、キーワードリサーチツールで有名な SwissMadeMarketing が提供する YouTube のキーワードリサーチツールです。

素晴らしいキーワードアイデアを生成するだけでなく、競合の動画情報を丸裸にします。

Googleキーワードプランナー

動画のキーワード候補を決めたらGoogleキーワードプランナーでキーワードの検索ボリュームをチェックします。

ニッチすぎて誰も検索しないようなキーワードで動画を投稿しても意味がありません。

検索ボリュームをもつキーワードを探したらキーワード選定の完了です。

最後に

制作した動画が視聴者に対してもたらす利益を明確にするということは、見込み客が動画を視聴する強い動機となります。

そのために行う施策として是非やっていただければ、動画の価値は向上します。

あなたの動画の視聴者が抱えている問題はなんですか?