YouTube ショート について YouTube shorts の使い方や動画の投稿を解説

2021年4月3日 STUDIO DIVE

YouTubeショート動画(YouTube shorts)が2020年からサービス開始となりました。
日本ではまだ正式にスタートしていませんが、投稿可能となっています。

今回は、YouTube ショート について、そしてouTube shorts の使い方や動画の投稿を解説していきたいと思います。

YouTube shorts(ショート)とは?

YouTube shorts(ショート)は、TikTok(ティックトック)やInstagram(インスタグラム)のReels(リール)のような

短編の動画配信サービスです。視聴するだけでなく、編集や配信もできるようになります。

スマートフォンの縦表示画面で視聴することができ、画面を縦スワイプすると次の動画が見れる、といった仕様になっています。

そしてクリエイティブ機能も利用することが可能です。

  • 音楽とサウンドを追加することができる
  • 録画速度を速くしたり遅くしたりできる
  • タイムラインを表示して、表示 / 非表示のタイミングを調整る
  • テキストを動画に追加できる
  • タイマーを使った録画が可能

出典:Youtubeヘルプ「YouTube ショートの利用を開始する」

 

動画コンテンツの長さ

スマートフォン端末のアプリからは、15秒以内の動画が編集できるようです。

パソコンからだと60秒以内の動画投稿が可能ですが、

Google公式サイトでは、15秒の動画作成を推奨しています。

 

動画サイズについて

動画サイズについては、スマートフォンの縦型に合わせて、

縦向き(16:9)の動画にする必要があります。

画像解像度でいうと、1080 x 1920 pxとなります。

 

YouTube shorts(ショート)動画の投稿方法

 

スマートフォンから投稿する場合

YouTube shortsにアクセスできる場合は、モバイル端末から動画撮影し投稿できますが、

現在のところは、インド限定で、サービスの提供が提供されています。

 

PCから投稿する場合

PCから投稿する場合は、日本でも投稿が可能です。

YouTube shorts(ショート)に投稿する動画を準備したら、Youtube Studioより

通常の投稿と同じようにアップロードします。

そしてショート動画ということを認識してもらうために、

タイトル、または概要欄に #shorts というハッシュタグを入れます。

 

投稿した動画をスマートフォンで表示させると、通常の表示と違って

YouTube shorts(ショート)用の画面で再生されます。

通常のYoutubeアプリで再生した画面 YouTube shorts(ショート)

 

実際に投稿してみたショート動画

 

YouTube shorts(ショート)の注意点

簡単で便利そうなYouTube shorts(ショート)ですが、気を付けなければいけない点もあります。

 

ショートセクションから再生されてもショート動画プレイヤーで再生されても総再生時間としてカウントされない

スマートフォンアプリでYouTube shorts(ショート)が再生された回数は、総再生時間としてカウントされません。

PCから閲覧した場合にはYouTube shorts(ショート)セクションがありませんので再生時間として扱われますので総再生が増えます。

 

ショート動画に再生回数が集中しすぎてチャンネル全体が伸びなくなる可能性がある

通常動画とショート動画が混在すると非常にバランスの悪いチャンネルのように見えてしまいがちです。

Youtubeチャンネルを運営している方には通常の動画コンテンツが主力だと思いますので

バランスを見る必要があると思います。

 

最後に

YouTube shorts(ショート)について色々と解説してきましたが、やはり魅力は

インプレッションの増加が期待できます。特に立ち上げたばかりのチャンネルなどは

チャレンジしてみてもいいのではないでしょうか。